肌が弱いから低刺激の化粧品を使っているのに、

 

何故かおでこだけが痒い・・・??

 

 

なんて悩んでいませんか?

 

敏感肌用の基礎化粧品を使っていて頬のあたりは問題無いのに、
おでこだけが痒いとか赤くなったりする女性もいらっしゃるようです。

 

 

その場合考えられる原因はシャンプーやコンディショナー。

 

お肌が弱かったり敏感な状態のときって肌のバリア機能が落ちているので、
ちょっとの刺激に敏感になりかゆみや赤みを引き起こしてしまいます。

 

 

刺激というのは紫外線や乾燥した空気やほこりなどがありますが、
実はシャンプーなどに含まれている界面活性剤などの化学成分も刺激になります。

 

ですから、いくら基礎化粧品をナチュラル系のものに変えても、
界面活性剤入りのシャンプーやコンディショナーを使っていると、
その成分がついた髪が肌に触れることによって刺激になっていることも!

 

だから髪の毛の触れる機会の多いおでこが特に赤くなったり
痒みが治まらなかったりするのです。

 

 

お肌が弱かったり敏感肌なら、
シャンプーやコンディショナーについても意識してあげると良いですよ^ ^

 

顔の痒みが治まるまでの間だけでも、
低刺激のものやオーガニック系のシャンプーに変えることをおすすめします。